ハート

更年期障害を治療して楽しい毎日を過ごそう

定期的な検査の必要性

医者

女性特有の癌には、ホルモンが大きく関係しているといわれています。出産をしているかどうか、閉経しているかどうかも、乳がんや子宮がんになる可能性を左右しているといわれています。これも可能性であり、絶対に安心できるということではなく、検査の重要性は揺るぎません。

読んでみよう

健康や美容に役立ちます

女医

血液クレンジングは、自分の血液にオゾンガスを混ぜて、様々な効果が期待できるオゾン療法の一つです。大阪や日本全国の施設で対応しているので、たくさんの人が受けることができる方法です。健康・美容・老化にメリットがあり、多くの人が利用しています。

読んでみよう

糖尿病に関する基礎知識

看護師

糖尿病とは、ストレスや食事や生活習慣によって発症することもありますし、先天的に発症しているケースもあります。高齢化や生活習慣によって引き起こされる2型糖尿病は、生活習慣を改善することで回避することができます。基本的な知識を身に着けて、糖尿病の予防に努めるといいでしょう。

読んでみよう

症状に合わせて受診しよう

老人

内科を受診するメリット

更年期障害の症状でつらいとき、検査や治療を受けるために婦人科を受診する人が多いのではないでしょうか。でも、更年期障害に関する検査や治療は内科でも受けることが可能です。内科では、まず問診をして感じている症状を伝えた後、血液検査が行われるのが一般的です。女性ホルモンのバランスが崩れると、急激にコレステロールの値が上がることがありますし、骨粗鬆症を引き起こす場合もあります。そのため、内科で血液検査を受けた結果、コレステロールの値が高かったり、骨粗鬆症が進行している場合は速やかに治療することも可能です。もちろん、貧血や頭痛などの更年期障害特有の症状も内科で治療可能です。また、内科を受診すれば、更年期障害から起こりやすい高血圧や高脂血症といった病気も早期に発見でき、速やかに治療できるのも人気の理由の一つです。

症状を改善するために

更年期障害は女性ホルモンが大きく関わっていますので、更年期になってから気になる症状を抱えたときは、婦人科を受診するのが一般的だと言われています。でも、更年期障害には頭痛や食欲低下、めまいなどの症状があります。これらの症状を感じたときは、更年期障害なのか他の病気なのか自分ではわからないことが多いのではないでしょうか。そんなときは、内科を受診することで血液検査を受けて更年期障害なのかどうかを確認することも可能です。もちろん、更年期障害と診断されても、頭痛やめまいなどの症状が強く出ている場合は、そのまま内科で治療できるという特徴もあります。もちろん、婦人科にかかる必要性がある場合は内科のドクターがアドバイスしてくれますので、そのとき感じた症状に合わせて病院を選んで受診し、適切な治療を受けるとよいでしょう。